価格について

個性のある墓石づくり

現在は管理費用やお墓そのものの価格を抑えるために、集合墓地などで遺骨を管理してもらう家庭も少なくありません。 しかしそれとは反対に、墓石にお金をかける家庭も増えています。 それは墓石に一工夫加えることにより、より個性的なお墓を作ることができるからです。 お墓と言えば四角いイメージですが、角を丸くしたり滑らかな曲線を取り入れたりすることで、優しい雰囲気を作ることができます。 また表面に好きな言葉や花や絵などを彫りこむこともできます。 香炉や花立などの装飾品も自分の好みを出せるポイントです。 もちろん価格は上がりますが、自分だけのお墓が欲しいと考える人には、このように工夫することで理想のお墓を手に入れることができます。

お墓に対する心持の変化

昔はお墓と言えば先祖代々受け継がれ、先祖のためにあるものでしたが、現在は自分が入る自分のための場所というように、お墓に対する心持が変化してきました。 そのため、先祖代々のお墓とは別に、自分仕様のお墓を用意する人が増えてきています。 価格は後回しで、墓石やデザイン、立地にこだわり、より自分らしいお墓を生前に準備します。 墓石もお墓の雰囲気も、昔と比べ自由にレイアウトでき、明るい雰囲気のお墓作りが主流となってきました。 価格はそれなりにするため、自分の入るお墓のために早いうちから貯金などの準備をしている人もいます。 自分の死後入る場所を生前自分で決め準備するということが、現在のお墓のトレンドとなっています。