常識を知る

葬儀に欠かせない香典のマナー

親族や友人の葬儀に参列する時に欠かせないものが、香典です。香典とは、線香や花のかわりに霊前にそなえるものです。この香典には、行くつかの守らなければいけない決まりがあります。 まずは、香典の表書きです。仏式やキリスト教など宗派によって書き方が違いますが、基本的に「御霊前」と書けばどの宗派にも対応できます。 その他のマナーは、新札はタブーということです。というのは、故人が亡くなるのを待っていて用意していたかのように思われるからです。なので、新札は一度折って入れればいいです。 また、香典の金額については、故人へのつきあいの深さや年齢で変わります。ですから、周りと相談して決めれば良いです。それと、死や苦などを連想させる数字は控えたほうが良いです。

葬式に参列する時の服装

葬儀に参加するときには、喪服を身に付ける必要があります。ですが、葬儀は黒い服さえ着れば良いと勘違いされる方も多く、細かい服装の決まりを知らない方が多いです。 そこで、ここでは葬儀での女性の喪服の注意点をお教えします。まず、黒でも光沢を避けた黒を選ぶことが大事です。喪服についているボタンも光るタイプは避けるようにします。 その次に、スカートの丈に気をつける必要があります。スカートは丈が短すぎずに、膝の隠れる丈を目安にします。また、その逆にあまりにも丈が流すぎるのもよくないです。見た目にだらしない印象を与えるので、注意する必要があります。 れと、アクセサリーについては、結婚指輪かパールのみ身に付けることができます。そして、ネックレスやブレスレットは2連は厳禁です。