知っておきたいマナー

葬儀に参列する時に欠かせない香典のマナー

親戚や友人の葬儀に出席する時には、香典を渡す必要があります。香典を渡す際には、色々なマナーがあります。その1つが、香典は係の人が読めるように丁寧に差し出すことです。「御霊前にお供えください」と言い添えながら、香典の向きに気をつけて出します。 また、もちろん差し出す前には、住所、氏名、包みのなかにお金が入っているかを確認しておきます。その他にも、この日のために用意したと誤解されないように新札は避けたほうが良いです。 そして、どうしても通夜、葬儀に参列できない場合は、香典は現金書留で送る事がマナーです。現金書留で送る場合は、香典袋に住所、氏名、金額を書きます。また、弔意と遺族へお悔やみの言葉を添えるといいです。

通夜や葬式に出席する時のヘアスタイル

葬儀や通夜に出席するときは、女性は自分のヘアスタイルに気をつける必要があります。きちんとした髪型でないと、年配者から白い目で見られることになるからです。 気をつけることは、長い髪は後ろで低い位置でまとめることです。ポニーテールなどの高い位置でまとめると、華やかな印象になってしまいます、なので、気をつける必要があります。また、髪飾りとして光沢のあるもの、派手なものは避けた方が良いです。 その他の葬儀のヘアスタイルで気をつけることは、全体的にさっぱりとさせることです。髪がそれほど長くなくても、うつむいた時に顔を覆うと暗い印象になります。なので、髪の毛は黒いピンで留めたり、耳にかけたりすると良い印象になります。